検索

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人
登録ユーザー85人

カウンタ

COUNTER248327

QRコード

 
カブスカウトの活動について

ボーイスカウトは、世界各国で行なわれている活動です。この活動を通じ、「奉仕の精神」

「野外活動(アウトドア)」 「自然愛護」などを養っていきます。

●カブスカウトとは・・・

  カブスカウト活動は、ボーイスカウト運動の一貫した教育の中で「ギャング・エイジ」と呼ばれる

  児童期中期(小学2年9月-5年8月)の子どもたちを対象とした異年齢グループの教育活動です。

  その中でカブスカウト活動は次のように区分されます。

   1. 「うさぎ」の課程-------小学校2年9月から

   2. 「しか」の課程--------小学校3年9月から

   3. 「くま」の課程--------小学校4年9月から

●カブスカウトの教育のねらい

   1. 少年のニーズに合ったカブスカウト活動の目標にかなった活動(プログラム)
   2. この年代の少年の自然な状態に最も近い組織

   3. 保護者との協働により、地域ぐるみで良い環境を作り出していくこと

   児童期における少年たちの発達に応じて、必ず身に付けるとよい特質、すなわち、よい社会人と

   しての基本を習得させ、それを次の段階であるボーイスカウトへつなげていくことを目指します。


●少年たちの自然の状態に最も近い組織とは?

   1. 近所の少年たちの5-6人の集団

   2. 同年齢層(3歳位差のある)の異年齢集団

   3. 同じ服装や持ち物で仲間意識

   4. 仲間の約束と秘密のサイン

   5. 遊びと好奇心・探求心

   6. ボス中心の活動

   7. 決まった集まり場所

   8. 彼らの必要に応じて、適切な援助をしてくれるような理解者としての大人がいる

  以上を大切にした組織です。


●カブスカウトの活動目標

  1.神 《仏》 をうやまい、自分への責任を認識させる

  2.自然に親しみ愛護する心を育てる

  3.小グループのなかで、相互に影響し合う機会を提供する

  4.所属意識を伸ばし、目的を達成した時の充実感を感じさせる

  5.自ら考え、判断し、決断する力を養う

  6.健康と安全について認識させる

  7.好奇心と冒険心を満足させる

  8.体の動きを高め、想像力を伸ばす

  9.体験を通じて学ばせる

  10.フェアプレイの精神と正義感を養う

  11.愛と感謝の心を育てる


●「やくそく」と「さだめ」

  カブスカウトになるには、まず自分に対して「やくそく」をしなければなりません。
  そして、カブ隊の 「さだめ」をまもらなければなりません。

 
 ★カブスカウトの「やくそく」

   ぼく(わたくし)は まじめにしっかりやります

   カブ隊のさだめをまもります

 
 ★カブ隊の「さだめ」

   1. カブスカウトはすなおであります

   2. カブスカウトは自分のことを自分でします

   3. カブスカウトはたがいに助け合います

   4. カブスカウトはおさないものをいたわります

   5. カブスカウトはすすんでよいことをします

 
 ★カブスカウトのモットー

   いつも元気

 
 ★スローガン

   日々の善行